日常非日常

                                        since'11/02/20

170320 日本が朝鮮人に日本名を強制した事実はない 

IMGR026-12
第2章 韓国が糾弾する「7奪」を論破!

 5︎⃣「姓名を奪った」への反論

  日本が朝鮮人に日本名を強制した事実はない


韓国側は、自由意志とは言いながら結果的に80%が日本名の「氏」を創設したのは実質的な強制があったからだと主張しています。
しかし、なぜ強制しなければならないのでしょう。

朝鮮人が日本名を名乗ることで日本人には何のメリットもないのは前に書いたとおりです。
たしかに、同じ日本の統治下にあった台湾では日本名に変えた人は2%以下でした。

ただし台湾の場合は、日本語が堪能なこと、親戚に犯罪者がいないことなど、数々の厳しいハードルが設けられており、その結果2%以下しか日本名を名乗れなかったのが実情でした。

これに対し、韓国の場合は「一視同仁」の理念の下、朝鮮人も天皇陛下の臣民とみなされて一切の制限が設けられませんでした。

「創氏改名」は朝鮮人のみに与えられた「皇恩」だったのです。



IMGR026-16
この法律が施行されるや、「朝鮮人の願いを聞き入れていただいたご恩に報いるために住民全員が日本名にしよう」という運動が朝鮮のあちこちで起こり、町や村の議会で「全員日本名とする」ことを決議するケースも続出しました。

朝鮮人官吏が「点数稼ぎ」のために日本名を勧めたこともあったようです。

このような雰囲気のなかで、日本名を名乗らないものが朝鮮人の間で非難されることはあったでしょう。
日本名に変えることを拒否して自殺したという話も残っています。

しかし、それはあくまで朝鮮人社会の内部での問題であり、日本側が強制したわけではありません。



IMGR026-17
当時の南次郎朝鮮総督はこの朝鮮人の間で起こった「日本名創氏運動」を深く憂慮し、「創氏改名」の主旨が誤解され日本名強制がなされることを危惧して、期間中三度も「強制してはならない」という通達を出しています。
これについては、1940年3月6日付大阪朝日・中鮮版に次の通り報道されています。

「南 総督は5日の局長会議で(略)左のように関係各方面に注意した。氏創設のことに関してややもすれば誤解している向きもあるように聞くが、これは絶対に強制ではなく、一視同仁の大御心から朝鮮同胞に内地人同様の氏創設の道が開かれたのであって、内鮮一体の具現化であり、この点一般にも誤解なきやう主旨の徹底を図って欲しい」

これほど「強制がなかった」ことを証明する証拠はないでしょう。

総督に逆らったら日本人官吏の出世はありません。
逆立ちしても、日本人官吏が朝鮮人に日本名を強制するわけがないのです。




IMGR026-18


松木国俊 著 ほんとうは、「日韓併合」が韓国を救った! から抜萃




撮影機材 Nikon FA





trackback: -- | comment: 0 | edit

この記事に対するコメント:

コメントの投稿

Secret