日常非日常

                                        since'11/02/20

161227 当時は日本人の官吏が必死に朝鮮語を勉強していた 

IMGR019-02

第2章 韓国が糾弾する「7奪」を論破!

 4︎⃣「国語を奪った」への反論

当時は日本人の官吏が必死に朝鮮語を勉強していた



『朝鮮総督府施政年報 昭和16年版』に、「内地人職員に対する朝鮮語の奨励」なる項目があります。
重要な内容なので、若干長くなりますが主要部分を引用します。

「警察取り締まり・産業奨励・租税徴収等に於いてややもすれば人民の誤解を招くおそれありしがごときはその局に当たる者が朝鮮語に通ぜざるに基因するところ多きに鑑み本府は朝鮮総督府及び所属官署在勤の内地人職員に特に常に民衆に接する地方庁の職員に対し、朝鮮語の学習を奨励する必要を認め(中略)朝鮮語奨励規程を発布し(中略)内地人職員にして朝鮮語に熟達せる者に対し奨励手当を給与するととなせり。(中略)朝鮮語の習得を一層広く奨励し以って本規程の趣旨を徹底せしめ将来普通の用務を處辨しょべんするに差し支えなき程度の朝鮮語を解し得る合格者を多数輩出せしむることに重点を置き、鋭意之が奨励に努めつつあり」(原文は漢字カタカナ文)

昭和16年末の実態は上の通りでした。


IMGR019-01

朝鮮語ができなければ仕事にならず、日本人官吏が朝鮮語を必死で学んでいたのです。
熟達したものには奨励金まで支払われていました。

韓国の「朝鮮語を奪われた」という主張がいかに荒唐無稽こうとうむけいであるか、この資料を見れば誰の目にも明らかでしょう。



松木国俊 著 ほんとうは、「日韓併合」が韓国を救った! から抜萃




撮影機材 Nikon F801




trackback: -- | comment: 0 | edit

この記事に対するコメント:

コメントの投稿

Secret