日常非日常

                                        since'11/02/20

161130 「植民地」であれば日本語を教える必要はなかった 

IMGR016-22

第2章 韓国が糾弾する「7奪」を論破!

 4︎⃣「国語を奪った」への反論 

「植民地」であれば日本語を教える必要はなかった



朝鮮総督府は、朝鮮標準語とともに半島における日本語の普及にも力を入れました。
韓国ではこれを取り上げて、「日本は朝鮮人から朝鮮語を奪い日本語を押し付けた」と日本を責め立てます。
しかし、当時は日本と朝鮮は一つの国をなしていました。
同じ国民同士で言葉が通じなければ大問題です。

たとえば、お隣の中国でも同じ中国語と言いながら、大きく分けて「北京語」「上海語」「広東語」「福建語」「重慶語」の5種類の言語があります。
これらは方言の域を超えており、それぞれが外国語と同じくらい違っています。


IMGR016-23

このような場合、共通した言葉がなければ国は成り立ちません。
このため、中国政府は北京語を共通語として全国に普及させていますが、北京語以外の中国語を禁止しているわけではありません。
朝鮮での日本語教育もこれと全く同じように「共通語の普及」が目的であり、朝鮮語廃止など毛頭考えていませんでした。

朝鮮語を廃止するつもりなら、朝鮮総督府がハングルの教科書を発行して朝鮮標準語の普及に努めたり、朝鮮語事典を編纂したりするわけがないでしょう。


IMGR016-24

日本が朝鮮を「植民地」と考え、朝鮮人から搾取しようとするなら、わざわざ彼らに日本語を教える必要はありません。
むしろ、意思疎通ができない方が「植民地の民」を使いやすいはずです。
イギリス人が植民地のマレー人や中国人を家畜のように鞭で叩きながらこき使っている実写フイルムを見たことがありますが、なまじ言葉が通じたら彼らを人間として扱わざるを得ず、このような牛馬のような使い方はできにくいでしょう。

何よりも「植民地の民」に宗主国の言葉を教えれば、植民地自体の文化レベルが向上し、人々の意識が高まって宗主国からの独立運動につながります。
朝鮮が搾取対象の「植民地」であれば、ここで日本語を教える必要など全くありませんでした。
日本は欧米の植民地と違い、朝鮮に1日も早く日本と同レベルになってもらうことを願って、日本語を共通語として教えたのです。


IMGR017-01

普通学校の修身教科書(『普通学校修身書 巻一』国立国会図書館蔵)に、日本語のカナと朝鮮のハングルが併記されており、挿絵には日本の大人が韓国の子供に帽子を取って道を聞いている場面が描かれています。
「人類史上最悪の植民地統治」と韓国は非難しますが、朝鮮が植民地ならこのような教科書が存在するはずがありません。

当時、日本人も韓国人も人間として平等であり、そのことを学校教育でもきっちり教えていた事実が、この一枚の挿絵を見るだけでもよくわかります。


松木国俊 著 ほんとうは、「日韓併合」が韓国を救った! から抜萃




撮影機材
Nikon F801



trackback: -- | comment: 0 | edit

この記事に対するコメント:

コメントの投稿

Secret