日常非日常

                                        since'11/02/20

161031 日本の行なった土地調査で近代化の基礎が完成した 

IMGR015-13

第2章 韓国が糾弾する「七奪」を論破!

 3︎⃣「土地を奪った」への反論

日本の行なった土地調査で近代化の基礎が完成した



この土地調査には8年10ヶ月の月日を費やし、かかった費用は当時で2千万円以上に上りました。
現在の価値にして1兆円になります。
全て内地からの持ち出しです。

日本人にとって一銭の得にもならない朝鮮の土地制度近代化のために、当時の日本の人口で割れば赤ん坊から老人まで一人当たり50銭(現在の価値で2万円以上)ものお金を日本国民全員が払ったことになります。


IMGR015-14

その結果、李朝時代の官僚や地主による税金の横領がなくなり、農民は権力からの苛斂誅求かれんちゅうきゅうから解放され、農家戸数約270万戸とされているなかで、農民170万人の土地所有が認められました(杉本幹夫『「植民地朝鮮」の研究』展転社)。
土地台帳も整い、多くの自作農が誕生し、朝鮮が近代的国家として発展する基礎が出来上がったのです。



IMGR015-15


松木国俊 著 ほんとうは、「日韓併合」が韓国を救った! から抜萃




撮影機材
Nikon F801



trackback: -- | comment: 0 | edit

この記事に対するコメント:

コメントの投稿

Secret