日常非日常

                                        since'11/02/20

130724 建築物 GX100とLX7 

R0015976

P1000070

R0015977

P1000071

R0015978

P1000073




trackback: -- | comment: 0 | edit

「はだしのゲン」後半は中国のプロパガンダ 

ちょっと時間が経った件ですけど、こんな記事をみました。

msn産経ニュースより

(427)「はだしのゲン」後半は中国のプロパガンダだ
2013.8.31 12:00 [花田紀凱の週刊誌ウォッチング]

漫画「はだしのゲン」

 『はだしのゲン』、閲覧規制のどこが悪いのか。

 朝日新聞は社説で「閲覧制限はすぐ撤回を」(8月20日付)と書き、毎日新聞も「戦争を知る貴重な作品だ」(同日付)と主張した。しかし、ほんとに「戦争を知る貴重な作品」なのか。

 たとえばゲンの中学校卒業式のシーン。先生が「それでは国歌君が代を斉唱します」と告げると、ゲンはこう言って先生に食ってかかる。

 「なんできらいな天皇をほめたたえる歌を歌わんといけんのじゃ 天皇は戦争犯罪者じゃ」「天皇陛下のためだと言う名目で日本軍は中国、朝鮮、アジアの各国で約三千万人以上の人を残酷に殺してきとるんじゃ」

 そして、「首をおもしろ半分に切り落したり」「妊婦の腹を切りさいて中の赤ん坊をひっぱり出したり」「女性の性器の中に一升ビンがどれだけ入るかたたきこんで骨盤をくだいて殺したり」するシーンがマンガに描かれている。3千万人といい、日本兵の蛮行といい、全くのデタラメ、中国のプロパガンダではないか。

 『はだしのゲン』は前半の広島原爆の部分と後半部分を分けて考えるべきなのだ。それにしても、なぜ後半になると〈中国によるプロパガンダを鵜呑みにしたような作風に変わってしまったのか〉。

 その謎に迫ったのが『週刊新潮』(9月5日号)の特集「反戦だから子供でも残虐シーンOKという『はだしのゲン』応援団」。

 要は『週刊少年ジャンプ』の連載が終了した後、同作品が掲載されたのは『市民』、続いて共産党系の論壇誌『文化評論』、そして最後は日教組の機関誌『教育評論』だったという。

 だから、途中から共産党、日教組の意向に沿った内容に変わっているのだ。閲覧制限当たり前ではないか。
     (『WiLL』編集長)

http://sankei.jp.msn.com//life/news/130831/bks13083112000001-n1.htm




これに興味を示し調べてみるとこんな記事もありました。

livedoor NEWS 国内
三光作戦なんてウソなのは当然……それでも『はだしのゲン』を図書館から排除してはいけない理由

日刊サイゾー2013年09月01日13時00分

 8月22日、日本図書館協会は「図書館の自由委員会」の西河内靖泰委員長名義で、「中沢啓治著『はだしのゲン』の利用制限について(要望)」という要望書を島根県松江市に送付。26日に、同市教育委員会が各校への制限指示を撤回する騒動があった。

 その際に送付された文書で着目すべきは、作品の評価うんぬんではなく「図書館の自由に関する宣言」を元に、閲覧制限に懸念を示していることだ。要望書の中では「図書館の自由に関する宣言」を引用して

<図書館は国民の知る自由を保障することを最も基本的な任務とし、図書館利用の公平な権利を年齢等の条件によって差別してはならず、「ある種の資料を特別扱いしたり、書架から撤去したりはしない。」と明記しています>

とし、

<子どもたちは、学校図書館を、蔵書の内容によっては自由に手に取り、読むことを抑制する場であると受け止めるのではないでしょうか。学校図書館の自由な利用が歪むことが深く懸念されます>

と指摘している。ある図書館関係者は、この要望書の意義を次のように語る。

「日刊サイゾーの記事(記事参照)でも触れられているように、『はだしのゲン』の4巻以降は共産党系雑誌、次いで日教組の機関紙に連載された、いわば内輪のサークル向けの大人の読み物です。おそらくそのことが、閲覧制限を働きかける要素のひとつになったことは想像に難くありません。しかし、図書館は作品の評価を判断するところではありません。この要望書は、それを踏まえた上で閲覧制限のみに焦点を当てています」

 さらに、別の図書館関係者からはこんな指摘も。

「閲覧制限を陳情した人物が指摘するように、『はだしのゲン』が歴史的事実ではないことを記しているのは明らかです。妊婦の腹を切り裂くといった残虐行為や三光作戦は、日本軍ではなく中国軍の行っていたことです。しかし、そうした間違いがあるとしても、閲覧を制限するのは、図書館としてはやってはならないことです」

 これまで、図書館関係者が特定の思想に依拠して蔵書を閲覧制限したり、廃棄してしまう事件は幾度もあった。2002年に発覚した船橋市西図書館蔵書破棄事件は、最もよく知られる事例のひとつだ。

 この事件は、船橋市西図書館の司書が自らの政治思想に基づいて、「新しい歴史教科書をつくる会」関係者の著書など計107冊を勝手に廃棄していたものだ。

 この事件の時に、日本図書館協会は調査の上で、司書の行った行為を「図書館界全体の信頼を低下させ、また、図書館員の社会的地位の向上と図書館事業の進歩発展を図る日本図書館協会の活動を阻害するものである」と厳しく非難している。

 図書館がどのような本を購入し、利用者に提供するかは司書の判断に委ねられる。これは非常に困難な作業ではあるが、司書が職権を利用して個人の思想や好き嫌いで選書することはあってはならないし、特定の利用者の意向ばかりを反映することは許されない。

 08年に大阪の堺市立図書館で起きたBL小説廃棄要求事件は、選書の困難さを知らしめた事件のひとつだ。この事件は、堺市立図書館に対して市民から「所蔵しているBL図書を排除せよ」とする要求から始まったもの。図書館側は、該当する図書を選別の上で閉架へ移動、今後の収集・保存は行わないという対応をとった。ところが、実施後に今度は図書館側を非難する意見が殺到、一転して従来通り貸し出しを行うことになったのである。

 この事件は全国的に注目され、途中から「ジェンダーの問題」うんぬんになってしまい、いくつもの議論すべき問題も沙汰止みになってしまった。特定の図書の排除は、決して許される問題ではない。しかし、堺市立図書館では特定の利用者の要望に応える形で5,000冊以上のBL図書を収集していたのだ。

 たとえ利用者からの要望だとしても、地域の図書館が特定のジャンルの図書を半ば際限なく収集すること、また「女性向けのエロ本」ともいうべきBLを公共図書館が収集することは妥当なのか? 利用者の要望に全面的に応えるというのならば、男性からエロ本のリクエストがあった時も応じなくてはならなくなるのではないか? これらの問題は、いまだに結論が出ていない。

 ただし、一度収蔵した図書をなんらかの圧力などによって制限することは、図書館がやってはいけない行為であることは明らかだ。西河内委員長も次のように語る。

「『図書館の自由に関する宣言』では、図書館はすべての検閲に反対することを記しています。学校図書館だからといって、扱いが別ということはありえません」

 平和教育に役立つ「良書」だからと閲覧制限を批判する人は、閲覧制限の支持者と同一の存在である。
(取材・文=昼間たかし)


http://news.livedoor.com/article/detail/8023983/



trackback: -- | comment: 0 | edit

130928 大東亜共同宣言 

P7180389
大東亜共同宣言

抑々世界各國が各其の所を得相扶けて萬邦共榮の樂を偕にするは世界平和確立の根本要義なり

然るに米英は自國の繁榮の爲には他國家他民族を抑壓し特に大東亞に對しては飽くなき侵略搾取を行ひ大東亞隷屬化の野望を逞うし遂には大東亞の安定を根柢より覆さんとせり大東亞戦争の原因茲に存す

大東亞各國は相提携して大東亞戰争を完遂し大東亞を米英の桎梏より解放して其の自存自衛を全うし左の綱領に基き大東亞を建設し以て世界平和の確立に寄與せんことを期す

一、大東亞各國は協同して大東亞の安定を確保し道義に基く共存共榮の秩序を建設す
一、大東亞各國は相互に自主獨立を尊重し互助敦睦の實を擧げ大東亞の親和を確立す
一、大東亞各國は相互に其の傳統を尊重し各民族の創造性を伸暢し大東亞の文化を昂揚す
一、大東亞各國は互惠の下緊密に提携し其の經濟發展を圖り大東亞の繁榮を増進す
一、大東亞各國は萬邦との交誼を篤うし人種的差別を撤廢し普く文化を交流し進んで資源を解放し以て世界の進運に貢獻す
     (カタカナをひらかなに書き換えた−管理人)


岩田 温 著  だから、日本人は「戦争」を選んだ より抜粋




trackback: -- | comment: 0 | edit

130723 白い色 

R0015974
それではーと、最後に白いものを写したのですが、夕方の太陽が一瞬薄い雲に隠れたかのように写っているのですが、その状況は残念ながら覚えておりません。GX100はLX7に比べおとなしい写真となりました。

P1000067
照明はそんなに変化はなかったと思っています。LX7は白がより白く写り、文字の境界がハッキリしていることから、陰影が強調されているのでしょうか。エッジが立った現代的な絵作りとでもいうのでしょうか。


trackback: -- | comment: 0 | edit

130723 掲揚塔と望遠と速写性 

R0015970
比べて見れば、ですが、国旗などの掲揚塔を写したのですが、空の色、木々の緑、塔のメッキの質感−違いますね。

P1000055
LX7には、フォトスタイルに彩度の調整ができることになっています。また、ホワイトバランスもオレンジ系、青系、緑系、赤系の微調整ができることになっています。次回撮影では、ホワイトバランスの調整に挑戦します。

R0015971
GX100の望遠端です。

P1000057
LX7の望遠端です。

P1000058
オートフォーカスの合焦速度が速いので、こういう写真も撮る気になります。

P1000056
飛行機も撮影できました。iAズームに設定すると記録画素数にもよりますが35mm換算200mm以上にまでも伸びます。ファインダーがないのでそんなに伸ばして撮影はできないとは思いますが、動きものでなければなんとかなりそうです。



trackback: -- | comment: 0 | edit

130723 鉄の色 

R0015969 (1 / 1)
比べるから分かることなのかもしれませんが、少し錆の浮いたマンホールの蓋はどっちがそれらしいのでしょう。

P1000054
これはこれで良く写っているのです。


trackback: -- | comment: 0 | edit

130923 大東亜会議の演説 

P7180388
大東亜会議についてバーモウは自伝の『ビルマの夜明け』(太陽出版)で次のように書き記しています。

「あらゆる観点からみて、それは記憶さるべき出来事だった。この偉大な会議はアジアにわき起こっている新しい精神を初めて体現したものであり、それは12年後、アジア・アフリカ諸国のバンドン会議で再現された精神であった」

大東亜会議とは、人種平等の理念という「新しい精神」を体現した、「記憶さるべき出来事」だったのです。


ここからは、各国の代表者の演説の一部を紹介します。
出典は全て実際に大東亜会議に出席したバーモウの『ビルマの夜明け』からです。

東条英機は、「大東亜新秩序」の意義について
「大東亜の各国が共同して、大東亜の安定を確保し、共存共栄の秩序を建設することは各国共同の使命であると確信する。…(略)…大東亜の各国は相互に自立独立を認める一方、同胞としての友誼を確立しなければならない」

中華民国の汪兆銘は各国が互いの「自主独立」を認めることの重要性を
「大東亜各国はそれぞれ自らの国を愛し、その隣国を愛し、ともに東亜を愛すべきである。…(略)…東亜各国はおのおの、その本然の特質を持つがゆえに、自主独立を確保し、また互いにその自主独立を尊重することが必要である」


タイのワンは新しいアジアの精神として、その原則を
「東亜に恒久的繁栄をもたらす原則は相互の独立と主権を尊重し、互恵の基礎に立って、相互の経済関係を増進し、正義に従って相互に協力援助し、もって物質的、道義的、精神的力を含む各国力を最高度に増進し、各国ならびにこの地域全体の平和、幸福、繁栄を確保するにある」


満州国の張景恵は、満州国の意義について
「新しい東亜の意識に目ざめ、古い東洋の倫理的教義の上に樹立された、強く正しい国家としての満州を全東亜の安定勢力にするということが、われわれの目標である。」


フィリピンのラウレルは、「大東亜共栄圏」がアジア各国の繁栄のためのものであることを強調
「大東亜共栄圏はこの地域の一特定国の利益のために確立されるものではない」


ビルマのバーモウは大東亜会議の歴史的意義について
「過去、ずいぶん長い期間と思われるが、今日、われわれが一堂に会するように、アジアの各国民が会合することは、とうてい考えられなかったことである。しかし不可能なことが現実となった。…(略)…本日の会議は偉大な抽象的出来事である」


インドのチャンドラ・ボースも大東亜会議の意義について
「この会議は戦勝者間において、戦利品を分割するための会議ではない。これは弱小国を犠牲に供する陰謀の会議でもなければ、弱い隣人をあざむこうとする会議でもない。この会議は解放された諸国が正義と民族主権、国際関係における互恵、相互援助という神聖な原則に基づき、世界のこの地域に新秩序をつくり出そうという会議である」

会議に参加し、演説した各国の代表者が説いたのは、大東亜会議の世界史的意義でした。
欧米の植民地支配を打破し、各国の独立と主権を尊重しながら、共存共栄の道を歩みたいというのが、各国首脳の願いに他ならなかったのです。

こうした各国首脳の思いを基に「大東亜共同宣言」が採択されます。
大東亜戦争で掲げた「大義」が明確に示されております。



岩田 温 著  だから、日本人は「戦争」を選んだ より抜粋




trackback: -- | comment: 0 | edit

130723 青空と雲 

R0015968
青空と雲です。雲の色の違いに目がいきます。撮影は16:52~53の夕方なんですね。

P1000053
両方のカメラともISO感度は80ですが、GX100のf7.0,1/620sec.に対しLX7はF3.5,1/1600sec.になっています。レンズが明るい特性を生かしてシャッター速度を速め手振れを防いでいるようです。



trackback: -- | comment: 0 | edit

130910 Aperture 3 : 基本的なトラブルシューティング 

P1000608
困り果ててApple サポートコミュニティ にApertureが起動しなくなった どうしたら良いのでしょうか。と質問したところ

Aperture 3 : 基本的なトラブルシューティング
http://support.apple.com/kb/HT3805?viewlocale=ja_JPの
Apertureライブラリ First Aid ツールを使用する—というのがあるからやってみては、と助言をいただいた。

開くと、・データベースを修復 が選ばれていたので,そのまま実行したが反応がない。
では、最初から実行することにして
・アクセス権を修復 を実行 するも反応なし。
次に、
・データベースを修復 を実行 やはり反応なし。
さらに、
・データベースを再構築 を実行 すると—


P1000610

この表示が出てパソコンが仕事をしている。
ライブラリデータベースの再構築が終わってApertureが立ち上がった。

エラーになった画像のリストが表示されたので、それを回復して固まる前の状態に戻すことができた。
Apple サポートコミュニティで助言下さった方々に感謝したします。

trackback: -- | comment: 0 | edit

130723 逆光耐性 

R0015965
木々の間から漏れる陽の光がレンズに入るようにして撮影しました。

P1000050
Panasonic DMC-LX7のほうが幾らかましか、という程度でしょうか。
色味がかなり違いますね。暖色系と寒色系の見本みたいにはっきりと分かります。
Panasonicの絵作りは暖色系と思い込んでいたので意外な感じがします。


trackback: -- | comment: 0 | edit