日常非日常

                                        since'11/02/20

110619 Apple Battery Charger 

DSC_0993 - 2011-06-19 12-50-15
すべてNikon D200/Micro-NIKKOR 55mmF2.8

6月19日は「父の日」であった。

DSC_0991 - 2011-06-19 12-46-36

6月10日にiMac21.5インチが納品されたことを子供に話していたら、お盆休暇が取れたと6月18日にApple Battery Chergerを「父の日プレゼント」と言って持って来た。

DSC_0997 - 2011-06-19 12-58-28

単3乾電池はワイアレスキーボードとマウスに使うのだが、最近出番のないGPSとハンディトランシーバーに使っているpanaの充電式エボルタを使えば良いかと考えていたのだ。

DSC_0995 - 2011-06-19 12-53-03

専用の、しかも純正の充電式電池と充電器のプレゼントは思ってもいなかったので嬉しかった。
Designed by Apple in CaliforniaでMade in Chinaであった。

GARY FISHERのWAHOO を買った時は、ナイキの自転車用グローブを、Lumix DMC-FT1を買った時にはショルダーでも腰ベルトにでも固定できるLoweproのカメラケースをプレゼントされた。
本体の機能を生かすこれらの部品は極めて有効である。


trackback: -- | comment: 0 | edit

110104 の食事 

P1010572
Lumix DMC-FT1

1月4日の朝ご飯
味付け海苔、煮豆、梅干し、大根べったら漬け、福神漬けそしてみそ汁
具は、長ネギに小松菜、雑煮で余った鳴門

P1010573

昼は、トースト2枚、スライスハム2枚、スクランブルエッグもどきにタマネギの油炒め。
牛乳にバナナ1本
トーストにはブルーベリージャムを

P1010574

夕方、病院へ

P1010575

午後8時過ぎに帰宅してから夕食を作る。
鮭の粕漬け(火が強すぎた)、とろろ芋、カボチャの煮付け、煮豆にべったら漬け、
みそ汁は、豆腐に長ネギ、鳴門を入れる。

P1010576

このみそ汁は、うまかった。


trackback: -- | comment: 0 | edit

110610 iMac納品さる 

P6100206 - 2011-06-10 14-15-37
OLYMPUS E-620/ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6

iMacが届いた。

P6100210 - 2011-06-10 14-21-22
OLYMPUS E-620/ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6

箱の中にもう一つ箱がきっちりと入っていた。
なんか箱が尻つぼみのように歪んで見えるのだが、箱に写っているiMacの写真のせいだ。


P1010869 - 2011-06-10 14-29-48
以下すべてLumix DMC-FT1

蓋を開ける。

P1010872 - 2011-06-10 14-40-45

四角い箱の中には、キーボード、マウス、薄い簡単な説明書、OSとアプリケーションプログラムのDVD

P1010875 - 2011-06-10 14-42-52

緩衝剤を取り除くと、本体がそのまま入っていた。

P1010876 - 2011-06-10 14-44-51

箱の中身のすべて。
まことにあっけない。

P1010880 - 2011-06-10 15-16-05

とりあえず机の上に置いてみる。
本体がディスプレイのうしろに付いているので、場所は取らない。
キーボードもディスプレイの下に入るので、今までより机の上は広く使える。
しかし、大きな問題があった。
ディスプレイがガラスで覆われた光沢画面なのだ。
これはきっと周りが写り込んで目が疲れるだろう。


trackback: -- | comment: 0 | edit

110609 花の色は移りにけりな 

P1010866 - 2011-06-09 12-20-48
すべてLumix DMC-FT1

6月、一斉に花咲き誇る時期です。

P1010867 - 2011-06-09 12-22-49


P1010868 - 2011-06-09 12-23-03


trackback: -- | comment: 0 | edit

110609 胃がん検診 

P1010847 - 2011-06-09 07-31-00
すべてLumix DMC-FT1

胃腺腫前癌病変を内視鏡下で行う上部消化管粘膜剥離術という術式で取ってから1年に1度胃内視鏡で検査し経過観察することになっている。

P1010848 - 2011-06-09 07-31-06
胃カメラとか胃ファイバースコープとか呼ばれている検査である。

P1010849 - 2011-06-09 07-31-23

私が受診する病院は、お互いが(検査する医師も検査される患者も)楽だということで鎮静剤を静注し、検査中の患者の苦痛を和らげ、かつ医師も患者に苦痛がないのでゆっくり存分に診ることができるというもの。

P1010852 - 2011-06-09 07-48-40

ただ、鎮静剤を使った日は車の運転は禁止されているので、公共交通機関を利用して通うことになる。

P1010853 - 2011-06-09 07-52-38

不便だが良いこともある。
ビルが建ち並ぶ街中に、古い建物が押しつぶされるようにたたずんでいる様子などを発見すると、妙に安心したりする。
車で移動していれば体験できないことである。

P1010854 - 2011-06-09 11-00-53

大勢の患者で込み合っている病院であるが、看護婦(最近は看護士と言うそうだがやっぱり看護婦の方が長年使ってきて馴染みが深い。)や看護助手、メッセンジャーなども数多く働いている。

P1010855 - 2011-06-09 11-19-59

地下鉄駅の出入り口には、通勤通学者の自転車が沢山置かれている。
ときに、建物がない道路端や植え込みに置き去りにされたような自転車を見かけるが、シェアリングとかいうものなのであろうか。
随分と共同利用の意識が高揚普及したものと感心する。

P1010860 - 2011-06-09 11-38-02

流石都会である。
外国人向けに三カ国語で案内されている。

P1010862 - 2011-06-09 11-45-18

特急通過である。
振り子式と名付けられたディーゼル特急列車である。

P1010863 - 2011-06-09 11-46-22

回送であろう、中程に機関車がつながれていた。

P1010864 - 2011-06-09 11-46-32

アオダイショウの様な模様の塗装をすれば、爬虫類マニアに人気がでるかも、と無責任に思った。
飛行機だって、ビカチュウとかの塗装があるんでしょ?

P1010865 - 2011-06-09 11-47-40

快速エアポートは新千歳空港行きです。
札幌から約35分の距離です。


trackback: -- | comment: 0 | edit

110729 新冠駅 日高本線 

P7290533 - 2011-07-29 13-09-51
最後の1枚を除きすべてOLYMPUS E-620/ZUIKO DIGITAL 14-54mmⅡF2.8-3.5

この「JR新冠駅」の標識がなければ

P7290528 - 2011-07-29 13-06-16

この建物が新冠駅だとは知っている人以外は分からない。 (当たり前か)

P7290529 - 2011-07-29 13-06-36

建物の名前は「出会いと憩いのセンター」である。

P7290531 - 2011-07-29 13-08-02

ロータリーもあって、この日は何処へ行くのか観光バスが横付けされて乗客は駅舎へと向かった。

P7290532 - 2011-07-29 13-08-53

大正15年日高拓殖鉄道が開通し、高江村があったことから高江駅と呼ばれていたが昭和23年に新冠駅と改称された。

P7290535 - 2011-07-29 13-13-03

駅舎の中には、日高の特産品が展示され

P7290536 - 2011-07-29 13-13-39

新冠町の観光マップが掲示されている。

P7290537 - 2011-07-29 13-14-34

待合室にはベンチが置かれ

P7290538 - 2011-07-29 13-14-56

その隣には良く管理された水洗トイレがあった。

P7290539 - 2011-07-29 13-15-45

ホームからは様似方面にすぐレコード館が見える。

P7290540 - 2011-07-29 13-16-39

節婦駅はあの山の向こうである。

P7290541 - 2011-07-29 13-17-02

建物のホーム側にだけ「新冠」の名前がある。

P7290543 - 2011-07-29 13-18-00

入り口右側にある喫煙コーナー
その向こうに公衆電話

P7290544 - 2011-07-29 13-18-17

車いす対応のスロープ
飾り柱はローマ建築風である。

この建物の建設については、きっと面白い話を聞けると思う。


P1010906 - 2011-07-29 11-22-33
Lumix DMC-FT1

途中で燃料補給するのも面倒なので、ガソリンを入れた1リットルのシグボトルをザックに入れて運んだ。
鵡川町の道の駅「むかわ四季の館」で一服。


trackback: -- | comment: 0 | edit

110607 わらびー 

R0015059 - 2011-06-07 14-09-43
RICOH Caplio GX100

春の楽しみは、山菜採り。
私が見つけたワラビの場所
秘密の場所ではなく、皆が知っている場所
私がそこに着いた時、既に先客が・・・
彼の採り残しを探します。  あったー。 小さいの・・・

R0015060 - 2011-06-07 14-13-15

腰を屈めて、去年の痕跡付近を探します。
ーと、お休み中の黒い三角形
スピルバーグ?の映画に出てくる黒い鉄兜を冠ったヤツに似て、気味が悪い。

R0015063 - 2011-06-07 14-16-43

失礼して正面からパチリ
成虫なのか幼虫なのか分からないのだ・・・


trackback: -- | comment: 0 | edit

110607 種の継承 

R0015057
RICOH Caplio GX100

営々と続くいのちの伝承


P1000927
Lumix DMC-FT1

雄はひたすら雌を求め
雌はひたすら強い雄を求める。


P1000933 - 2010-06-08 14-39-28
Lumix DMC-FT1

いま人間の世界では、雄は雌に関心をなくしているという。
その結果、結婚をしない若者、子供を産まない夫婦が増えているらしい。
人間という種の個体数が増えすぎたから自然と調節されているのかもしれない。



trackback: -- | comment: 0 | edit

110804 コケを尋ねて3回目 

P1010919 - 2011-08-04 14-32-27
Lumix DMC-FT1

土日祭日は勿論のこと、平日でも7合目の駐車場が満杯になる樽前山。
午後2時半に駐車場に着くと、小雨が降り出してきていることもあって、既に下山し帰り支度をしている車が3台のみであった。

P1010921 - 2011-08-04 14-36-30

久し振りの雨にカタツムリも喜んでいるように見える。

P1010922 - 2011-08-04 14-37-04

ノリウツギだろうか、濡れた緑の中に白い花が印象的だったのだ。

P1010924 - 2011-08-04 14-41-12

木の階段の根元に咲くイワブクロ

P1010925 - 2011-08-04 14-42-04

展望台から支笏湖を見るが、雲の中である。

P1010929 - 2011-08-04 14-51-17

濡れた緑が生き生きとしていて、雨の中を歩くのが楽しい。ウコンウツギ。

P1010930 - 2011-08-04 15-01-30

登山道の先が霞んでいるのも幻想的で非日常の世界である。

P1010931 - 2011-08-04 15-05-20

コメバツガザクラか、ミネズオウかもしれない。

P1010934 - 2011-08-04 15-09-21

シラタマノキ

P1010938 - 2011-08-04 15-21-03

あの雲の向こうは頂上で、晴れていても何も見えないのだが、雲があるとあの先に何があるんだろうと想像してしまう。

P1010940 - 2011-08-04 15-26-44

幽玄の世界を楽しむ。

P1010942 - 2011-08-04 15-29-14

イワヒゲ だろう。

P1010944 - 2011-08-04 15-31-46

あったー! モウセンゴケ!!
緑のコケ、緑のコケって探していたのだ!

P1010946 - 2011-08-04 15-32-46

緑色もあるにはあるが、赤いよ。
えんじ色というのか茜色というのか、とにかく赤いのだ。

コンデジは接写に強いのだ。


P8040599 - 2011-08-04 15-36-43
OLYMPUS E-620/ZUIKO DIGITAL 14-54mmⅡF2.8-3.5

ここでOLYMPUS E-620を取り出す。
こういう時のために防塵防滴のZUIKO DIGITAL 14-54mmⅡF2.8-3.5を入れたのだ。
今使わないで何時使うのか。(笑)


P8040604 - 2011-08-04 15-41-02
OLYMPUS E-620/ZUIKO DIGITAL 14-54mmⅡF2.8-3.5

この狭い所にモウセンゴケ、ノギラン、シラタマノキ、イソツツジなどが見える。

P8040606 - 2011-08-04 15-42-48
OLYMPUS E-620/ZUIKO DIGITAL 14-54mmⅡF2.8-3.5

菌類(だろう)もあったが、名前は分からない。

P1010948 - 2011-08-04 15-50-39
これよりLumix DMC-FT1

イソツツジ、マルバシモツケ も生き生きと光って

P1010949 - 2011-08-04 15-55-47

登山道も水分を含んで歩き易い。

P1010953 - 2011-08-04 16-03-33

ゆっくりと楽しんで下山 16:00
もう誰もいなかった。貸し切りの樽前だった。
田部井さんも愛用のFT1は雨が降ってレンズの窓に水滴が付いても3m防水だから大丈夫なのだ。




trackback: -- | comment: 0 | edit

110607 3万kmを超えたシェルパ 

R0015053
RICOH Caplio GX100

マイシェルパが走行距離3万kmを超えた。
平成10年4月に購入したので13年間も乗ったことになる。
車体番号が000241だからKL250Gの初期タイプである。
平均すると年2,300km程の走行だが、ここ5年くらいは国有林道が走れなくなり山菜採り用バイクになっていた。
昨年から林道走行を諦めて一番道路も走ろうと、空気圧とリアショックセッティングを変更した。




trackback: -- | comment: 0 | edit