日常非日常

                                        since'11/02/20

110531 高橋要美術館 

高橋要の美術館

深川市道の駅「ライスランドふかがわ」で、高橋要の世界と題する美術館「向陽館」のレリーフが目にとまった。
早速訪ねた。


110519E620P5190130
OLYMPUS E-620/ZD14-42mm

どうも以前は学校の校舎であったらしい雰囲気である。

110519E620P5190131
OLYMPUS E-620/ZD14-42mm

正面玄関には鍵が掛かっていた。
覗いて見るとスリッパがあるので、土足では入れないらしい。


110519E620P5190132
OLYMPUS E-620/ZD14-42mm

5月開館・祝日土・日 の大看板が掲げてあった。
残念、次に機会に譲るとしよう。






trackback: -- | comment: 0 | edit

110529 シェーバー 

110528D200DSC_0977
Nikon D200/microNIKKOR55mmF2.8

BRAUNのシェーバー 5413
'03/09/12に5,754円で購入。
'07/08/15に、外刃と内刃を5,270円で交換した。
本体購入に近い金額である。
最近、切れが悪くなったのでそろそろ刃の交換時期であるが、
本体購入価格に近い金額であることとモーターの力が弱ってきたことから、
ブラウンにはお休みいただくことにして、次期購入製品の選択に入る。

110524E620P5240139
OLYMPUS E-620/ZD14-42mm

ブラウン、フィリップス、パナソニックは良く聞くメーカーである。
以前、ブログで"izumi"というメーカーを聞いたことがある。
調べてみると、日本の会社で、
『OEM主体のメーカーで、1980年代にロータリー式シェーバーの技術(特許)を巡って、かのフィリップス社に訴訟を起こされ、正面から徹底抗戦した後、相手から多額の和解金を勝ち取ったことで有名になった企業』
なのだそうである。
会社名は、株式会社泉精器製作所といい、まさしく日本の会社という心意気が伝わってくる。
VIDANシリーズに4枚刃と3枚刃の製品があるが、消しゴムで消えるような髭なので3枚刃の製品を選んだ。

110517G1P1010230
LUMIX DMC-G1/G14-45mm jpeg

現在、日本で販売されているほとんどの電気製品が東南アジア製なのであろうが、この製品は黒地に黄色文字で「日本製」と強調している。
国内生産が需要に応え切れなくなって外国に工場を造る、あるいは安い人件費を見込んで後進国に工場を造り低価格で発売して価格競争に勝とうとする。
果たしてそれは、日本の為になっているのであろうか。
その会社が今後も安定して高品質の製品を供給することができるのだろうか。
疑問である。

110517G1P1010230R
LUMIX DMC-G1/G14-45mm RAW

切れ味は悪くはない。
しかし、シェーバーの作動音が耳に付く。
音質が甲高く、気になるのである。
部品が硬く小さいことが原因だろうが、音質を低い周波数に持っていって欲しい。

110517E620P5170117
OLYMPUS E-620/ZD14-42mm jpeg

カメラ、レンズを変えてjpegとRAW現像の画像を比べている。
jpegは、背景が白くなるように編集してある。
RAWは、撮影時の設定のまま現像した。

110517E620P5170117R
OLYMPUS E-620/ZD14-42mm RAW

カメラ内jpeg現像とRAW現像は多少の違いはあるのだろうが、この例では顕著には分からない。
メーカーのjpeg現像に納得できれば、RAW現像の必要性はないのではないか。
もっと多くの比較例が必要である。
RAW現像についても、もっと勉強しなけりゃ。


trackback: -- | comment: 0 | edit

110527 唾液は虫歯を治す 

虫歯を治す唾液
唾液は虫歯を治す。
昔、TV番組で見たことがあった。
 
 歯医者さんに行ったら待合室にポスターが貼ってあった。
 唾液腺マッサージ と題して
 1 耳下腺
 2 顎下腺
 3 舌下腺
 と、三つの腺の刺激方法が書いてある。
  
 また、口を開けて舌を動かす体操
 口を閉じて舌を動かす体操

 口の中に常に唾液がある状態にしておけば
 歯の新陳代謝が進み、虫歯が治るということらしい。

trackback: -- | comment: 0 | edit

110526 あれから4.5カ月 

110518XP
Lumix DMC-FT1

骨折から4.5カ月が経った。

主治医は、
骨は付いたし、骨密度も高くなってきた。
これから気温も上がるので、指先の痺れが取れるのが早く進むようになる。
たくさん手を使うと早くもとに戻る。
と、言った。


110413FT1XP
Lumix DMC-FT1

先月の写真と比べると、今月は親指が大きく開くようになったことが分かる。
(写真をクリックすると大きくなります)



trackback: -- | comment: 0 | edit

110521 キヤノンプリンタはインク大食い 

110505プリンタインク

前回は、マゼンダが減ってびっくりした。

110521プリンタインク

今回は、シアンが減った。
約45%はあったのだが、葉書の印刷をONしたとたん、例のギーコギーコが始まってなかなか停まらない。
停まったとたんにこのアラームが表示された。
イエローも半分に減っているではないか!


110521はがき
OLYMPUS E-620/ZD14-42mm

インク1本880円 その半分がノズル清掃に使われている。
納得できないのだ!
おじさんは、怒っているのだ!




trackback: -- | comment: 0 | edit

110520 森脇啓好写真展『海人の島』 東洲館 

110519FT1P1010812
Lumix DMC-FT1

旭川市在住の写真家森脇啓好氏の写真展『海人の島』に行ってきた。
会場は、深川市のJR深川駅横の東洲館
岩見沢ICから深川ICまで道央自動車道を使う。
初めて高速道路無料化の恩恵に浴する。
報道によると、この措置は来月6月中には廃止されるという。

110519E620P5190120
OLYMPUS E-620/ZD14-42mm

会場入口に彼のコメントが掲示してある。

110519E620P5190125
OLYMPUS E-620/ZD14-42mm

開館直後に着いたので観覧者は誰も居ずゆっくり見れた。
入口正面には写真展案内葉書の写真と同様の写真が飾られていた。


110519E620P5190122
OLYMPUS E-620/ZD14-42mm

室内は落ち着いた色調で統一されており、ソファに置いたディパックが異質で場違いのようだ。

110519E620P5190123
OLYMPUS E-620/ZD14-42mm

一つの額に2枚の写真を入れたものがある。
どこかで2枚一組で展示していることの説明らしきものを読んだことがある。
一見関係ないような写真を並べているのだが、その実なんらかの意図をもって一対としているというものである。


110519E620P5190124
OLYMPUS E-620/ZD14-42mm

そんなことを考えながら謎解きならぬ絵解きするのも楽しいのでは。

5月31日(火)まで、月曜休館である。 入場無料。



trackback: -- | comment: 0 | edit

110515 いまどきの林道状況 

110512P1010229
Lumix DMC-G1/G14-45mm WB:オート(共通) Phoshop EL2 jpeg

マイシェルパにバッテリーを付け、オイル交換したので山菜畑の様子を見に行った。

110512P1010229RTN
RAW SILKYPIX WB:オート

昨年春も鉄製ゲートはあったものの、今年はゲート脇から入れないように盛り土や風倒木を置いている。
林道や高圧電線点検道路を荒らすエンデューロバイクも進入禁止である。
デュアルパーパスバイクであるシェルパとの区別は付くはずがない。


110512P1010229RT
RAW SILKYPIX WB:昼光曇り

たしかにこの森の入り口にはテレビなどが捨てられているので、車両侵入禁止は止むを得ない措置なのだろう。
なんと腐り切った人間共が多くなったことか。


110512P1010225
Phoshop EL jpeg

もうこの国は立ち直れないかもしれない。

110512P1010225R
RAW SILKYPIX WB:昼光曇り


trackback: -- | comment: 0 | edit

110514 プリンターインク 

110505プリンタインク


プリンターのインクが少ないよって、表示が出た。
マゼンダだ。
'11/01/21に交換したばっかりなのだ。
チョット前は、こんなに減っていなかったのだ。
プリンターの電源を入れたら、かなり長い間ギーコギーコ動いていて
このアラームが出た。
ノズル清掃で大量にインクを使ったのではないか。



OLYMPUS E-620/ZD14-42mm 撮影モード:プログラム 1/20 F8.0 +0.7EV WB:オート 仕上がり:NATURAL

こうなったら後の4本もじきに無くなるのは1月に体験済みだ。
5本セットを用意した。



OLYMPUS E-620/ZD14-42mm 撮影モード:プログラム 1/100 F5.6 +0.7EV WB:7500K 仕上がり:NATURAL RAW OLYMPUS Master2

インク大量消費が続くようならプリンターの交換を考える。
写真の印刷はほとんどしないから、次はHPのプリンターを使ってみよう。


trackback: -- | comment: 0 | edit

110511 メンターム 

110506FT1P1010794
Lumix DMC-FT1 撮影:オート WB:オート ISO:400 1/25 F5.5 +0.33

手の甲の皮膚がアカギレをおこした。
ピリピリと痛かったのだ。
泡切れの良い食器用洗剤を素手で使っていた。
気が付くと手指の皮が厚くなって角質化していた。
すぐにゴム手袋をはめて洗い物をすることにしたのだが、既に手遅れであった。

子どもの時、よくメンタムを塗ってもらったことを思い出し、メンソレータムを買ってきた。


110506E620P5060103T
OLYMPUS E-620/ZD14-42mm 撮影:オート WB:オート ISO:800 1/80 F5.3 +0.3

皮膚の硬化が元に戻るのに3カ月かかった。
親指の爪の脇の硬化した皮膚は頑固で、今でも逆むけ状態なのだ。
新しい便利なものは、良く分かって使わないといけない。




trackback: -- | comment: 0 | edit

'11.03月の積雪 


110304FT1P1010729
Lumix DMC-FT1

'11/03/04 1日の降雪量としては今冬一番か

110304FT1P1010725
Lumix DMC-FT1

30cmのスケールで、測りきれない。

110304FT1P1010732
Lumix DMC-FT1

道路端はひときわ深い。

110304FT1P1010733
Lumix DMC-FT1

45cmは積もっている。

110310FT1P1010741
Lumix DMC-FT1

'11/03/10

110310FT1P1010743
Lumix DMC-FT1

3月10日は13.5mm

110310FT1P1010751
Lumix DMC-FT1


110317G1P1010180
Lumix DMC-G1

3月17日は15cm
除雪したのは3月は3日
箒で掃けばよい程度の降雪もあったから3月の降雪量は75cmとする。




trackback: -- | comment: 0 | edit