日常非日常

                                        since'11/02/20

131010 ノミバエか 

R0016061 (1 / 1)
ショウジョウバエかと思っていたが、特徴である眼が赤くない。

P1000926 (1 / 1)
ニセケバイにしては、太い触覚が見えない。しかも、体長3mmで黒色という特徴に合致しない。

R0016058 (1 / 1)
ハヤトビバエとは、全体から受ける印象が異なる。

P1000915 (1 / 1)
ノミバエは、体長2~3mm、背中が丸く、後脚腿節が太いーという特徴に合致する。

R0016050 (1 / 1)
中脚脛節の側面の毛が、コシアキノミバエでは基部に2本あるが、オオキモンノミバエでは多数のある点で異なる—とあるが、その辺ははっきりとは見えない。

P1000907 (1 / 1)



trackback: -- | comment: 0 | edit

131008 むしの名は 

DSC_3063 (1 / 1)
10月8日午前中に窓ガラスで20匹ほど虫が獲れたので、フィルムケースに入れて保健所へ持って行った。
コバエだと思ってコバエホイホイを買って置いてみたが4匹くらいしか入らないのでコバエではないのではないか。これの名前を教えてもらい、その習性から対策を立てたいと相談した。


DSC_3063 (1 / 1) (1)
上の写真のトリミングなのだが、Micro-NIKKORだけのことはあると思わせる写りだ。

P1000933
持参した個体を顕微鏡写真を撮ってプリントしてくれた。
ハエに間違いありません〜 とのことで、ニセケバエ科かハヤトビバエ科ではないかと。
どの科のコバエでも、コバエ類は残飯やジュースの残渣、生ゴミ、腐敗物、排水管や下水から発生する。
屋外から入り込まないように気をつけること。屋内での発生を抑えるために流しや風呂場の排水管や排水トラップをパイプ洗浄剤で定期的に清掃するように〜。
現状でどうしても気になるのであれば燻煙剤による駆除しかない。その間家には入れないけど…。というはなし。

自分では、「窓ガラスなどの明るい所に寄ってくる。食品や化粧品の匂いに寄ってくる。」という習性があるらしいと感じていたが、それ以外の新しい習性についての話はなかった。ネットではめんつゆに洗剤を入れた仕掛けが有効だとあったが、コバエホイホイの例もあるのでもう少し調べてみることにする。





trackback: -- | comment: 0 | edit

131006 ショウジョウバエかな 

R0016032 (1 / 1)
2.5mmくらいありますかね。
トリミングしていますが、元画像は3648×2432で3.20MBです。


P1000895 (1 / 1)
こちらは、2048×1360で1.73MBです。
元画像の画素数の違いがあるので比較するのは酷かもしれません。
気が付けば絞り値もISO感度も違う。


R0016029 (1 / 1)
おまけ
動かないからとほっておくと、いなくなってしまうので、しっかり潰さないと。
だから、こんなんなってしまう。
ノミみたく固いのでなかなか静かにならないんですわ。




trackback: -- | comment: 0 | edit

131006 コバエなの? 

P1000869 (1 / 1)
2mmくらいの胡麻に羽がついているような小さな戦闘機のようなむし。
取っても取ってもいなくならない。どこから発生するのかも分からない。顔のまわりを飛び回り気が散って仕方がない。食事時にも必ず現れて、落ち着いて飯を喰えない。
コバエホイホイを買ってきて置いたが、ほとんどと言って良い程効果がない。
だから、コバエではないのだろう。
どなたか退治する方法をお教えいただけないだろうか。

trackback: -- | comment: 0 | edit