日常非日常

                                        since'11/02/20

140512 iMac OS X Mavericksへアップグレード X-E2 

DSCF0957
5月11日にOS X LionをMavericksにアップグレードした。
iMac購入後に新たにインストールしたプログラムがMavericksに対応しているかどうかを確認し、確認できないフリーソフトは対応していなければ仕方がないと諦めた。
30分程度でインストールが終わると思って21:30に始めたが、ダウンロードを始めてから2時間以上もかかり、「あと1分で終わります」の表示が出てから18分もかかり凍ったのかと思った。
バックアップ用の外付けハードディスクのソフトが「互換性のないソフトウェアフォルダ」に格納され、Mavericksへのアップグレードは終わった。


DSCF0958
Mavericksにアップグレードした後、Pages,Numbers,safari,インクジェットプリンタソフトウェアなどのappのアップデートがあり、このインストールに1時間余もかかった。

iMacの動作が緩慢になるのではないかと思っていたが、杞憂に終わった。
起動時のウィルス対策ソフトの更新もなく、却ってLionよりも処理が早いように感じる。


DSCF0959
「互換性のないソフトウェアフォルダ」に格納されたappは、Time Machineのデータをバックアップする外付けHDD Western Digital 1TB My Book for MacのWD SmartWare.appで、HDDへは書込まれているもののデータを見たり設定することができないので、Mavericksに対応したappをインストールする必要があった。

Western Digitalのホームページを見ても英文なので正確には理解できず電話サポートへ電話して教えてもらった。
新バージョンのものをインストールしだしたのだが、20分位待っても終了しない。
旧バージョンが「互換性のないソフトウェアフォルダ」に格納されて隔離されていたせいかインストーラが止まっていたので強制終了し、アンインストーラを起動して削除してから最新バージョンをダウンロードしインストールした。これは、驚くほど瞬時にインストールが終わった。
appの動作を確認して電話を切ったのは1時間4分を過ぎていた。

これで完璧にMavericksにアップグレードできたと確信した。


trackback: -- | comment: 0 | edit

140317 Cyberduckでホームページを更新する 

DSCF0551
ホームページを管理しているパソコンはWindowsXPである。
ソフトはIBMホームページビルダー7で、’03に11,340で購入したものである。
購入当時のOSはWindows95だったろうか。Me,XPとグレードアップしてきている。

デジタルカメラを購入してファイルをパソコン管理するようになって、友人の勧めもあり’11にiMacを入れた。
少しずつiMacに慣れていき、XPで管理処理するのはホームページとウオークマンの曲を管理するXアプリだけとなっていた。

そんな時、XPのサポート終了が報道された。
今の環境を維持するには、Windows8マシンを入れるしかないと考えるようになった。
Windows7またはWindows8.1、Intel Core i3-4000M(2.4GHz)、メモリ4GB、500GB HDDの仕様のノートパソコンは75,980である。
これを入れても10年以上前のホームページビルダー7はインストールできないだろうと思った。
ホームページのhtmlタグをiMacで送ることができれば、Xアプリはネットにつながなくとも良いのでWindowsマシンを入れる必要がなくなる。


DSCF0552
そこで頭に浮かんだのが、FTPソフトであった。
FTPソフトで、ホームページのデータをダウンロードし、それを編集してアップロードする、というもの。

検索すると、Cyberduckという無料ソフトが使い易いという記事があり試してみることにした。

Cyberduckをインストールして、起動、サーバーに接続、ホームページのファイルをダウンロードして、保存した。

index.htmlファイルをプレビューで見ると、サイトの画面が表示されhtmlタグは表示されない。XPなら右クリックで表示できるのに。
Cyberduckのsafariマークの編集から開いて見ても、テキストエディットで開いてもソースコードは表示されなかった。

Appleサポートコミュニティの「safariソースの表示が消えた?」https://discussionsjapan.apple.com/thread/10112791を見て、
Safariの環境設定から「メニューバーに”開発”メニューを表示」にチェックする。
「開発」から「ページのソースを表示」をクリックする。

これによりファイルをsafariで開いてソースを表示して、そこにタグを追加しても保存されない。


DSCF0553
Appleサポートコミュニティの「テキストエディットで.htmlを保存したら.txtに」https://discussionsjapan.apple.com/thread/10097371?start=0&tstart=0を見て、
「テキストエディット」の環境設定で「標準テキスト」を選び、「HTMLファイル中のリッチテキストコマンドを無視」にチェック。

テキストエディットからindex.htmlを開く。
今度はソースコードが表示される。
htmlタグを追加して保存する。

ファインダーからindex.htmlをCyberduckにドラッグ&ドロップすると、送信を押さないのにサーバーへアップロードされた。
ホームページが更新されたかどうか確認する。追加した文が反映されている。OK!

これでCyberduckでホームページを更新することができることを確認できた。
あとは、htmlやcssを勉強すれば良いのだ。




trackback: -- | comment: 0 | edit

130528 iMacのマウスのストライキ 

R0015855
iMacのMagic Mouseとトラックパッドを切り替えようとしていたら、どちらも認識しなくなってしまった。とにかくカーソルが動かないので手の施しようがない。
コントロール+コマンド+イジェクトで再起動して窮状を脱した。


trackback: -- | comment: 0 | edit

111228 USBハブの交換 

P1010548USB
Panasonic LUMIX DMC-G1 LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH/MEGA O.I.S.

'11/12/28 バッファローコクヨサプライからUSBハブの交換品が送られてきた。
'11/12/14 USBハブが熱を持ったためメーカーに引き続き使用して良いかどうか問い合わせたところ、'11/12/19 交換対応する旨返事があった。
領収書の有無、製品の色の確認があり、交換品発送の手配の旨連絡があったのは'11/12/21であった。

iMacをスリープにしている時はバックアップ用に接続しているHDDのパイロットランプが遅い間隔で点滅しているのだが、本体の後ろにあるので見えない。
このUSBハブは、スリープ時でも赤いパイロットランプが点くので便利と言えば便利である。



trackback: -- | comment: 0 | edit

111213 アイクラウドは便利か iMac  

DSC_1051
Nikon D200 AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mmF3.5-5.6G

iMacOSがライオンになってiCloudを使えるようになった。
テキストデータや写真などが無料で保存できるという触れ込みであった。
私はiPadやiPod、iPhoneなどデータを共有する機器を持っていない。
写真を撮るので写真の無料保管場所としてクラウドには興味を持った。
だが明らかになってきたことは、写真の場合1000枚までで、しかも30日間ということである。
これはハードディスクに保存するまでの仮置場所という位置づけである。
結局私はiCloudに価値を見つけることはできず、ライオンへのアップデートは得るものが極めて少なかった。
プロセッサ 2.5GHz Intel Core i5 メモリ 8GB 1333MHz DDR3 でスノーレパードを動かしていた方がサクサクと処理できていたのかもしれない。
でも、残念ながらiMacは後戻りはできないのだ。



trackback: -- | comment: 0 | edit